夏というと紫外線も強く暑さのためにのどや体も乾きやすい季節です。
高齢者や小さいお子さんの熱中症なども危惧される季節ですが、そんな夏こそ水素水がお勧めです。
夏こそ多めにとりたい水素水の魅力、そして美味しく飲む方法や肌にいい方法をチェックしてみましょう。

・夏の体に水素水がいい理由
夏になぜ水素水がいいのかと言うと、水分補給代わりになるからです。
水分補給と言うとミネラルウォーターやお茶などを思い浮かべる方が多いですが、お茶やコーヒーなどはカフェインが含まれており、水分補給には向きません。
ミネラルウォーターはミネラル分が豊富ですが暑さで失われる塩分を補うことができませんし、スポーツ飲料はカロリーが高く、どちらも紫外線で増える活性酸素を除去することはできません。
一方水素水はカフェインが含まれていませんし、浸透圧の調整になるので水分補給にはぴったりです。
また紫外線で発生する活性酸素と結びついて体外に除去してくれる効果も持っています。

・夏に美味しい飲み方
夏に水素水を取るなら体の調子を見ながら水素水を常温で飲む、白湯にして飲む、凍らせて飲むという方法があります。
中には塩をひとつまみプラスして飲んでいる方もいますし、外気温と照らし合わせながら温度を調整している人もいます。
もちろん水素はどんどん空気中に逃げていく物質ですから開封後は早めに飲まなければなりませんが、アルミパウチの水素水を何本か用意しておいて、夏フェスやバーベキュー、キャンプなど長時間屋外で活動するシーンにはぴったりです。
また海水浴は紫外線を地上よりも多く浴びますし、運動による活性酸素の発生もありますので、水素水が多いに役立つことで症。

・夏の肌疲れにも水素水
夏は紫外線が多い季節、ということはシミやしわのもとになる活性酸素が非常に増えやすいということです。
普段から食事に気を配り、抗酸化作用の高い食べ物を多くとっているという方でも、十分に栄養素が吸収されていない場合がありますので、水素水を飲むことは肌トラブル防止に役立ちます。
夏バテで疲れてしまっている、食欲がないという場合でも水素水なら水ですから飲みやすいでしょう。

夏はきちんとスキンケアを行わなければ肌ダメージが蓄積され老化がどんどん進んでいきます。
秋になるとシミが濃くなった、シワが深くなったということも起こりかねませんので、夏の内からきちんとケアしていきましょう。
夏のケアがどれだけされているかによって、夏が終わった後の秋冬の肌がかわるのです。