痛風対策に水素水が効く
男性に多い痛風。今や痛風予備軍は650万人もいるといわれています。痛風は尿酸値が高いとなりやすく、健康診断などで尿酸値が高いと診断された方は要注意です。

尿酸値とは、血液中の尿酸の濃度のことです。普通、尿酸は作られる量と体外へと放出される量のバランスが保たれています。
しかしバランスが崩れ、体外への排出量が崩れると尿酸が溜まり尿酸値が高くなるのです。

尿酸値が高いと将来、生活習慣病にに悩まされる可能性が高くなります。
そこで水素水が今痛風対策に注目されている理由を紹介します。

尿酸について

尿酸とは、人間の栄養となるエネルギーが持つ物質が分解されてできる老廃物のことです。
プリン体を消費すると尿酸を生みます。

プリン体はもともと体内にあり細胞の主成分なのでエネルギーを伝達するうえで非常に重要な成分です。そのプリン体は食べ物からも摂取されます。この体外から摂取したプリン体が問題があるのです。 プリン体が多いとされているのがビールなどのお酒です。 またこの他に、白子やいくらなどの魚卵やレバー類などが豊富です。

つまり、私たちが好きなものほとんどのプリン体が入っているのがわかります。

通常であれば、代謝の流れでプリン体は分解されて尿酸ができます。 ところが、血中尿酸値が上がると溶けきれなくなった尿酸が結晶化してしまい痛風発作や尿路結石や腎障害が引き起こされてしまうのです。

尿酸値の上昇の原因は

尿酸値を上昇させる原因は、遺伝的原因と環境原因といわれています。 

遺伝的原因に関しては、痛風患者の20%は血縁者に痛風患者がいるとされています。 次の環境原因は、食生活やアルコールによるものももちろん含まれますがストレスも原因の一つなのです。

他にも腎機能の低下をもたらすような病気などで尿酸値が上昇することもあります。

水素水が尿酸値を下げる?

水素水には体のなかの約60%もの活性酸素を除去することができます。

痛風を予防するために重要な尿酸値を下げるには血液をサラサラにして、活性酸素を除去することが重要になります。

そこで水素水を摂取することにより、活性酸素を除去することができるうえに血液内に水素分子が入り込み細胞を活性化することにより血液の流れが良くなります。

そして、そもそも痛風には水を多く飲むことで改善するといわれているので水素水を飲むということが同様に良い効果をもたらすのです。

直接的に痛風に効果をもたらすのはなく痛風予防として取り入れることが望ましいといえます。

まとめ

水素水は細胞単位で私たちの身体を健康に導いてくれます。
ただ、水素は非常に小さい成分のため保管が難しく水素が入っていない商品も存在します。 そのうえ、パッケージに記載している水素濃度はほとんどが充填時の濃度なので実際に飲むときの水素濃度は違います。 ということは、記載している濃度はあてにならないのです。 ということで水素水を選ぶ際は飲むときの濃度を気にして購入してください。

>>今まで測った中で一番水素濃度が高かった水素水は?
>>最も価値のあるコスパの良い水素水はこれ