”水素水は万病に効果あり”
活性酸素を減少させてガン予防、などの表現を見ると半信半疑で水素水に期待してしまいます。

しかし、100年前に水素水が流行して、水素水を飲んでいた人が一切ガンにならず長寿を全うしているという事実があれば手放しで喜べますが、多くの人の内心は「本当なのか否か」という部分だと思います。
水素水が注目され始めたのはここ最近のことで、今は効果に関して期待と共に模索している状態だと言えます。

ガン予防に必要なのは活性酸素を減らすこと

活性酸素は一般的に悪者のイメージですが、あながち間違いではありません。

活性酸素は普通の生活をしているだけでも発生し、
過度なストレス・飲酒・喫煙などによって更に増加してしまいます。

確かに細菌などから細胞をガードする役割はありますが、活性酸素が減る機会よりも増える機会の方が圧倒的に多いのです。
活性酸素は体を痛めつけるもので細胞をガン化させるので発ガンにつながるのです。

水素水は活性酸素を無害化させるので、このような事態を防ぐことができるのです。

水素は単なる水素であり、何かと何かを化合させた化学物質ではありません。
つまり摂取しても体に害を及ぼすなどの心配はないのです。

万病に効果あり?

ガンのみならず万病に効果ありとは、大きなことのように聞こえますが血液に関係しています。

皆さんドロドロ血液はご存知でしょうか。

その名の通り血液がドロドロになり、血栓ができやすくなり心臓や脳に詰まると
心筋梗塞・脳梗塞となり最悪の場合死に直結します。

そのドロドロ血液が、水素水を摂取することによってサラサラ血液に変化し、全身に酸素や栄養が運ばれやすくなり身体全体の調子が良くなるのです。

血液は全身を巡る命の線であり非常に大切なもので、水素水はその血液の状態を良くするので万病に効果があると言われるのです。

水素水に関する論文は多いとは言えず、未知な部分も多いです。
しかし、どこかで活性酸素を除去する効果が見られ、血液をきれいにする効果が見られたからこそ、このように話題になっているのです。
火のないところに煙は立たない、この言葉を信じて水素水を取り入れてみてはいかがでしょうか。