慢性脱水症には水素水を飲みましょう

脱水症状と言うと夏に起こるものと思っている方もいるでしょうが、
実は慢性的な脱水症状に悩まされている方も少なくありません。

唾液の分泌量が少ないと感じていたらもしかしたら慢性脱水症かもしれません。

しかし慢性脱水症状に気づかなかったらどうすればいいのか、
水分補給をしていれば問題ないのではと思う方もいるでしょう。

では慢性脱水症の主な症状と水分補給は
どのように行えばいいのかチェックしてみましょう。

慢性脱水症状は命の危険性も

実は慢性脱水症の自覚症状は気づきにくいと言われており、
医者も判断が難しいと言われています。

原因は水ではなくお茶、コーヒーを水分代わりに飲んでいることで、
水分が体の中から抜け続けることで細胞や臓器の異常が生じ、
尿の排出も正常ではなくなってしまいます。

慢性脱水症の症状は主に
慢性的な倦怠感や続く疲労感、
頭痛が頻繁に起こったり風邪をひきやすくなったりする、
体が重くなるような感覚が断続的に続く、
肌荒れがひどい、
口臭が自分でも気になるほどひどい

といったことがあります。

なぜお茶やコーヒーが水分補給にならないのか

コーヒーやお茶もお湯を使っているのだから水分補給になる
と思い込んでいる方は多いですし、お茶に含まれるカテキンは風に効果的で
コーヒーの健康効果も認められ始めている、
というのは多くの方がご存知のことでしょう。

ところでお茶やコーヒーを飲むとトイレが近くなるという経験はないでしょうか。

実はお茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、
しかも本来なら取った水分が尿細管を通じて血液に戻るはずのところ、
カフェインが邪魔してしまうため膀胱に水分が溜まってしまうんです。

そのためカフェインを含むお茶やコーヒーでは水分補給にならないのです。

水分補給なら水素水がお勧め

慢性脱水症って知ってる1
水分補給にいいと言われているのが白湯で、
体温に近いお湯は体に優しいと言われておりダイエットなどにも効果があります。

しかし白湯も元々は水から作られているものですから、
それ以上に水分補給効果が高い水素水がお勧めです。

なぜ水素水の方が水分補給効果があるのかと言うと、水素が老化や体調不良の原因ともなる活性酸素を除去し、体をクリーンな状態にし、さらに血液をサラサラにしてくれるからです。

水分補給を阻むカフェインはもちろん含まれていませんし、水素は分子量が小さいので体中どこでも浸透していきます。

水素水を選ぶ際、気をつけなければいけないポイントは水素濃度です。水素は地球上で最も小さな分子のため非常に抜けやすいので実際に飲む時の水素濃度が重要になります。 様々な商品を試した結果ペットボトルに入った水素水はほとんど水素が入っていませんでした。  水素濃度がしっかり維持されていたものは4層構造のアルミパウチのもの。

水素が入っていない商品も実際出回っていますので購入の際は気をつけましょう。

>>実際に購入して調べてみました、高濃度水素水の浸みわたる水素水

1日当たりの水分摂取量1.5~2リットルの内、350~500mlを水素水に変えるだけで病気になりづらく肌のアンチエイジング効果も得られるようになりますので試してみてはいかがでしょうか。