慢性的な肩こりに水素水が効く
デスクワークやゲームをしている人など、肩こりや腰痛に悩む人は増えています。

マッサージに通いたいけどそんな時間もないから放置・・でも痛くて辛い。
元々四足歩行だったのが二足歩行になったのが肩こりの始まりだったと言われています。
様々な原因が絡んで最近では若い世代や子供でも、悩まされることのある肩こり。

慢性的に続く肩こりや腰痛を解消するのに水素水が効く!のです。なぜ肩こりや腰痛に水素水がいいのでしょうか。

肩こりになるメカニズム

慢性的な肩こりに水素水が効く
人間の頭は約3~5㎏の重さがあり、この重さを支えているために大きな負担がかかります。また、腕を支える役割もあるために、ほかの部分に比べて疲労が蓄積しやすいために悩む人が増えるのは当然と言えます。
また同じ姿勢で長時間いると筋肉が凝り固まり、肩が常に緊張状態となり、筋肉疲労や血行不良になどに陥ってしまう場合もあります。血管内は酸素不足に陥り、乳酸などの疲労物質が溜まります。これを神経が傷みとして感知するのです。
また、肩こりになると頭痛や目の疲れにもつながります。
頭痛や目の疲れの原因も神経や血流が悪くなることで肩に負担がかかることにつながります。精神的ストレスも肩こりの原因と言われています。

水素水は血行促進効果が!

ではなぜ水素水が肩こりや腰痛にいいのかと言うと原因である血行不良を改善する効果が見込めるからです。
水素水はもともと体中に悪さをする活性酸素を除去する効果があります。
活性酸素は殺菌効果などがあり良い効果もあるのですが、増えすぎると悪玉活性酸素となり体中で悪さを働きます。

その一つが血液をどろどろにして血行を悪くしてしまう作用です。血行が悪くなれば肩こりや腰痛が起こり、活性酸素が除去されずそのままの状態でいると肩こりや腰痛は慢性化してしまいます。
そこで水素水を体内に取り入れることで活性酸素を除去し、血液をサラサラにして血行を改善する効果が見込めるのです。 また、筋肉疲労物質である乳酸の上昇を抑える効果もあります。

筋肉のどの部分にも水素が行きわたる


水素は宇宙で最も小さい元素。なのでその小ささゆえ体中のあちこちに行きわたります。
筋肉には表層筋と深層筋の2種類があり、表層筋は目に見える部分、深層筋はインナーマッスルになります。
肩こりや腰痛を感じてマッサージしてもほぐれるのは表層筋だけで、深層筋まではほぐれません。

ところが水素は表層筋だけではなく深層筋まで浸透していきますから炎症を鎮め、血行を改善し肩こりや腰痛を改善することができます。深層筋までしっかりほぐれ疲れをいやすことで慢性的な肩こりや腰痛も改善できるようになるのです。

肩こりに効果的な水素の摂取方法

水素風呂は肩こりに特におススメ!    入浴剤タイプと水素発生器で水素風呂を作る2つの方法があります。 浴槽の水と反応し水素が発生します。炎症がある部分に作用するので、ゆっくりつかり温まることによって代謝もあがり血行が良くなるので血液もサラサラになります。 さらに水素風呂は浴室内に充満した湯気を呼吸により取り入れることができます。温浴効果と水素効果でダブルの効果を得ることができるのです。肩こりは温めることで良くなるので、なるべく湯船に入って温めることを意識しましょう。