再発する蓄膿症には水素水が効く!内側から水素水で免疫を高め再発を防ぐことができる?!

健康や美容に効果があることで注目されている水素水ですが、現在コンビニやスーパーなどでも手軽に買えるようになっています。

そんな水素水ですが、蓄膿症にも効果を発揮することがわかったのです。

今回は水素水がいかにして蓄膿症に効果を発揮してくれるのか話していきたい思います。

蓄膿症とは

蓄膿症とは文字通り、鼻に膿がたまってしまう病気であり、正確には慢性副鼻腔炎という名前で鼻の鼻腔が炎症を起こし、これが長期化することにより鼻腔の更に奥の副鼻腔が炎症を起こし膿んでしまい、副鼻腔は空洞部分があることから膿がそこに流れ込み溜まってしまというものです。

蓄膿症になってしまうと色の濃いドロドロの鼻水が出ることや、ひどい鼻詰まり・膿が喉に垂れる・鼻周辺の目、歯、頭、顔面の痛み・風邪をひいた時のような体のダルさ・何より鼻の中に膿が溜まっているので悪臭を常に感じ、食べ物の味も分からなくなってしまいます。

そんな様々な症状を引き起こす蓄膿症になってしまう原因ですが、風邪が長引いたり繰り返すことやハウスダスト・花粉などによるアレルギー症状どを長期化してしまうことが原因で、鼻腔内が炎症を起こし細菌が発生することにより引き起こされます。

また蓄膿症は一度治っても再発する恐れがあるので、長期的に付き合っていかなければなりません。

水素水の効果

蓄膿症になってしまうということは、体が細菌を繁殖しやすいということなのです。

そこでそんな体の改善を図るのに水素水が効果的なのです。

まず長期的に風邪を引いてしまうことや繰り返してしまうということは、体の免疫力が落ちている訳です。

免疫力が落ちてしまう原因として、体内に発生する活性酸素というものが原因になっているのです。

活性酸素は体を酸化させる効果があるので体を弱らせ免疫力を落としてしまう原因になるのです。

その活性酸素を除去させる効果が水素水のはある為、免疫力を落とすことなく体のバランスを維持してくれるのです。

体の免疫力が維持されれば、風邪やウイルスによる体への攻撃やハウスダストや花粉によるアレルギー物質による攻撃にも耐えることができ、蓄膿症を発症していても水素水を使用し活性酸素を除去すれば症状の進行を食い止めることができます。

また抗炎症効果も兼ね備えている為、鼻腔内の炎症にも有効で蓄膿症予防と蓄膿症抑制の二つの効果を持っているのが水素水なのです。