猫の腎不全には水素水

猫の死因1位は「腎不全」

「愛する猫が1日でも長く生きて欲しい」という願いは、愛猫家なら誰しも持っている希望です。
猫が死んでしまう原因で最も多いのが腎不全です。
この腎不全は、老廃物が体内にどんどん溜まってしまい引き起こされてしまいます。
水を積極的に摂ることでおしっこを出し、老廃物が溜まらないようにするのですが、猫は自ら水を積極的に飲もうとしません。そのため、腎不全に陥りやすいのです。この腎不全のリスクを回避するために良い方法はないのでしょうか。

水素水を飲ませることで腎不全に効果がある

実は、この問題を解決してくれるのが、水素水ではないかと言われています。
実際に、慢性的な腎不全になってしまってしまった猫に水素水を飲ませることで、症状を緩和させたケースが報告されてきています。

慢性腎臓病の原因は、酸化ストレスと慢性炎症が関係していると言われています。酸化ストレスを除去する働きがある水素水を体内に取り入れることにより、ダメージを予防出来る可能性があるのです。その結果として、猫の腎不全の症状を和らげるのではないかと言われています。現在研究段階ではありますが、数多くの回復に向かったという声もあるので、信じてみる価値はあります。

猫に水素水をどうやって飲ませる?

猫の腎不全には水素水
水素水を飲ませることで、腎不全を回避するということがわかりました。
しかし、どんな方法で飲ませるのが良いのでしょうか。
人間と動物の体の作りは異なるので、そのまま飲ませるというよりも少し薄めてあげたりとする工夫が必要です。サーバーから出る水素水は、そのままでも問題ありませんが、高濃度のものに関しては、薄める必要があります。

その点に気をつける必要が飲ませる時にあるので、気をつけておきましょう。
また、最近ではペット用の水素水を発売しているところもあるので、専用の水素水を飲ませてあげるのが一番いいでしょう。大切なのは、猫に飲ませる際の濃度に気をつけながら与えるということです。そうすれば、腎不全だった猫も症状が和らいで元気になるでしょう。

まとめ

水素水を飲ませることで、猫の腎不全を予防することがわかりました。
しかし、気をつけなければいけないのが、あくまで予防ということです。
水素水を飲ませたから治るということではないので、水素水を飲ませてしばらく経過するのに、元気にならない時は、迷わず病院に行きましょう。また、病気の予防だけでなく、
毛並みもよくなると言われているので、毎日飲ませても良いかもしれません。
あなたの愛するパートナーの健康管理も水素水で行いましょう。