日常生活を過ごしている中で疲労とは常に向き合うことになります。
特に身体を動かすスポーツをした後は強く感じます。
運動後のケアをしたものの疲労が身体から抜けきらず、疲労が残ったまま働くことになったなどの経験がある方もいるでしょう。疲労を感じるというのはどこかに異常があるという身体からの合図です。ここでは疲労の原因と水素の働きによって疲労改善できるのかについてご説明します。

スポーツ後、疲労が溜まる原因

スポーツをした後、乳酸が溜まるのを防ぐのが重要だと考えられています。
最近、栄養やカロリー不足によって疲れが表れにくくなっています。
この原因となっているのが活性酸素です。
活性酸素は人間が呼吸するときに酸素を吸収することで発生するものです。
特にスポーツ後は体内に酸素を多く吸収し酸化するため、それに比例して活性酸素も増えます。
活性酸素は増えすぎると体内の健康を維持するために必要な細胞を傷つけます。
それによって疲労回復に遅れが生まれるのです。
乳酸は酸素と深く関係しています。乳酸は血流によって外へ排出されますが、活性酸素が血流を詰まらせ邪魔をします。そのため血液の流れが悪くなり乳酸が体内に溜まっていくのです。乳酸が溜まるのを防ぐためには活性酸素をいかに減らせるかがポイントになります。

水素で乳酸問題を解決

水素にはこの乳酸の原因となっている活性酸素を除去する効果があります。
水素には高い抗酸化作用があります。
活性酸素と水素が結合することで水へと変わり活性酸素を外に排出します。
また、血管の拡張にも関わるため血流改善にも繋がります。

水素は乳酸の上昇を抑える効果もあるため、運動前に水素水を飲むことも良いです。
元々分子の中でも小さい水素は、他の抗酸化物質では効果が発揮されないところでも働きますし、人間の身体に吸収されやすいものです。水素水を飲むだけでもかなり効果的ですが、この水素の効果をさらに得ることができるのが水素風呂です。皮膚呼吸によって全身から水素を吸収でき、風呂特有のリラックス効果との相乗効果も見込めます。より効果を得るためには風呂の設定温度をぬるめにして長時間浸かるのが良いです。

乳酸の原因を根本的な部分から解決してくれる水素。運動する際には、水素水を飲んでから始め、水素風呂に入って運動後の疲労をとるのが理想的です。効率よく手軽に身体の手入れができる水素風呂を生活の一部に取り入れてみるのはいかがでしょうか?