現在高齢化が進む日本でも何かと問題になっている認知症や脳梗塞。
これらの対策は大きな社会問題として、国を挙げて取り組みをしています。
自分たちが認知症や脳梗塞になってしまうのもそう遠い話ではないかもしれません。
予防をしようにも何が効果的なのかがわからないという方もいるでしょう。
そこで、ここ最近認知症対策として注目を集めてきたのが水素水です。
しかし、水素水がどのようにして効果があるのかは未だ世の中に浸透していません。
認知症や脳梗塞についてや水素水がいかにして効果を発揮するのかを中心にご説明します。

認知症・脳梗塞

そもそも、認知症・脳梗塞はどんな病気なのでしょうか?

認知症の中でも最も有名なのがアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)です。
アルツハイマー病は脳の活動に障害が発生し、脳が委縮して認知機能が低下する病気です。
ついさっきまで覚えていたことを忘れてしまうなどの症状が頻繁に起こるのが病のサインです。

脳梗塞は脳卒中の一種で、脳に血液を届ける動脈や静脈が詰まり起こるものです。
脳の活動に必要なものが届けられず、脳の働きに影響を与えます。
この状態が長く続いてしまうと脳細胞が壊れてしまいます。
また、脳梗塞になった後に脳血管性認知症に後遺症としてなる場合があります。

認知症と脳梗塞は一緒に覚えておくのがいいでしょう。

水素水がもたらす効果

なぜ、水素水が認知症・脳梗塞の予防に効果があると言われるのか。

水素水には高い抗酸化作用や血の流れの改善・活性酸素の除去といった効果があります。
これらが脳細胞を活性化させるのに一役買うのです。

認知症の原因でもある脳の委縮の進行を遅らせたり、増えすぎると細胞を傷つける活性酸素を除去することで動脈・静脈が詰まる心配も解消できます。
水素は非常に小さな分子であるため、普通であれば中々作用しない細かな細胞が集まっている脳にもしっかりと効果を与えてくれます。
また、体内にある悪玉活性酸素が水素と結びつき体外へと放出されるので脳梗塞の引き金となる動脈硬化を未然に防ぐことができます。
さらに血管を拡張することで血液の流れの改善にも関わっているため発病のリスクが下がります。

さらに、水素水には副作用もないため気にせず飲めるところもお勧めのポイントです。

普段の生活の中で水分を取ることは必ずします。ただの水から水素水に変えるだけでも長く元気でいれるかが変わってきます。早速水素水を飲んで予防をはじめましょう!