水素濃度の単位水素水を選ぶ時に重要となるのが水素の濃度。
出来るだけ高濃度の商品を選びたい所!
ですが、そこで問題になるのが水素の濃度を表す単位。
なんと水素濃度を表す単位は4種類あるのです。
私たちが水素水をいざ買ってみようと思ったときに、基準になる濃度。正しい判断基準を持つために、ここで詳しく解明していきましょう。

4種類もある 水素水濃度の単位

・ppm(パーツ・パー・ミリオン)
・ppb(パーツ・パー・ビリオン)
・mM(ミリモル)
・mg/l(ミリグラム・パー・リットル)

この4種類で水素の濃度を表します。
市販されている水素水の濃度を表す単位として良く使用されているのがppmで、次に使われるのがppbです。mMとmg/lは学術論文などに良く使用されます。

混同しがちなppmとppb

ppmとppbは見た目も何となく似ているので混同されがちですが全く単位が違います。
ppm=(parts per million)は100万分の1を表す単位で、
ppb=(parts per billion)は10億分の1を表す単位です。

つまりppbは1単位当たりの量がppmに比べ相当少ない事になります。
同じ量に換算するなら1ppm=1000ppbとなるのです。

同じ量でもppbで表記した方が水素濃度が高く見えるので、一部の販売業者はそれが目的でppbでの表記を続けているのが現状です。

購入時に参考にしたい水素濃度の基準

水素濃度は高ければ高いほうがいいってこと?
一般的な効果に期待できる水素濃度は0.8ppm以上。0.8ppm以上の水素水を選んで購入するようにしましょう。
たまに信じられない数字で高濃度の水素水があります。水素は圧力の強さによって閉じ込められる量が変わります。高濃度水素水は気圧を上げて水の中に水素を閉じ込めているのです。一説では、摂取する水素量は上限があるため高濃度すぎても意味がないという説がありますがこれはまだ研究段階。水素水を選ぶ判断基準は0.8ppm以上であれば気にしないでいいでしょう。

水素水の濃度を測定する方法は

水素水の濃度を測定する方法で最も正確なのがガスクロマトグラフィーという方法です。

ガスクロマトグラフィーは気体の中にある特定のガス濃度を測る装置で、水素水を気体化させて水素濃度を測定します。高価な専門機器と、専門的な技術・知識が必要な測定法なので、自宅や個人で出来る測定法ではありません。

自宅で簡易的に測定するなら水素濃度測定機を利用するのがオススメ。


精度はガスクロマトグラフィーに劣りますが、目安として測定する分には十分使えます。
水素濃度判定試薬を使えばかなり安く測定できますが、この試薬は塩素などの影響を受けるので上手く判定できないことも多いです。