水素が私たちの体にいい影響を与えてくれることがわかり、多くの人が注目するようになりました。
病気から美容まで多岐にわたり活躍する水素ですが、これは高い抗酸化作用が注目されてるからです。抗酸化作用とは何か、また抗酸化作用が重要視される理由でもある「酸化」についてご説明したいと思います。

抗酸化作用と水素の秘密

抗酸化作用とは、その名の通り酸化から身体を守ってくれることです。
特に「活性酸素」という酸素に対してはとても重要なものになります。
人間は常に呼吸をすることで酸素を体の中に取り込みます。
走ったり息が切れるような運動をすると、活性酸素は生まれます。

本来活性酸素は体に必要なものです。
ウイルスなどが体の中に侵入した際に戦ってくれるものなのです。

しかし、同時に健康な細胞にまで被害を及ぼすことがあるのです。

そんなときに活躍するのが水素です。
水素には活性酸素を抑制する効果があります。
活性酸素を除去する物質は他にもたくさんあります、ところが水素は悪玉活性酸素だけに効果を発揮します。

一つ一つの効果は、同じく身体を守る効果を持つビタミンCに比べ弱いですが、水素分子は小さいためビタミンCでは入り込めない脳や卵子に入り込むなどあらゆるところで効果を発揮してくれます。

酸化の仕組みを詳しく知りたい

人間には酸素が必要です。
しかし、余分な酸素まで吸収すると、酸化が始まります。

酸化とは、酸素が結合した物質を変質させる作用です。
水に触れさせた鉄が赤く錆びていくなどが主な代表例です。
この酸化は体の中でも起こります。
身体の中の細胞が酸化しシミなどを作るのが酸化の証拠です。

酸化は、物質が酸素と結合する際、物質から電子を奪う変化です。
物質から電子が奪われると電子の数が奇数である酸素が電子を奪いにきます。
電子を奪われた物質は別の電子を奪いにいきます。
これが身体の中で連続して起こると細胞が不安定になり、性質も変化し機能不全になります。

これが酸化の仕組みです。抗酸化作用が体にバランスを与えてくれているのが良く分かります。

さらに水素の分子は他の抗酸化作用が高いもの(抗酸化物質)に比べ小さいため、
他では効果を発揮できないところまで働くことができます。

特に細かな細胞が集まっている脳などでは水素が非常に効果的です。
水素をとることが身体の健康維持に繋がると言っても過言ではないでしょう。

まずは、簡単に水素を摂取できる水素水を飲んで身体のバランスを整えていきましょう。